お給料の支払われ方には、月給、日給、時間給といった違いがあります。

わかりやすさで考えるなら日給の仕事

日給がいいおすすめの仕事、アルバイト お給料の支払われ方には、月給、日給、時間給といった違いがあります。月給はベースとなる金額が決まっており、休日の多い月でも、そうでない月と同じだけの金額が支払われます。主に、正社員と呼ばれる雇用形態の人に該当する支払われ方です。時間給はパート社員やアルバイトなど、仕事に入れる時間が限られている人が選択する働き方において支払われる方法で、働いた時間が多ければお給料は多くなりますし、働けなければ当然少なくなります。たいていは月給か時間給かのどちらかの方法が多いといえますが、その中に日給というスタイルもあります。

一日の労働時間がはっきり決まっている場合や、短期間だけの雇用で、一日の仕事の最初から最後まできちんと入れる人を採用する場合、お給料の支払い方法として採られることが多くなります。何日働いたかによって最終的に支払われるお給料の額がいくらになるかがわかりやすく、入れば入った分だけ増えるところは時間給と同じです。時間給と違うのは、あらかじめ何日入ればいくらになるか、明確にわかる点でしょう。短期の仕事などでは日給で支払うという求人募集も多いので、働ける日数に制限がある人に向いている雇用形態と言えるかもしれません。